おやこのきずな こふれの精神 父母が離婚にともなう不信感やいろいろな事情で、
自分たちだけでは別居親とお子さんとの面会交流を
実施できないときに、第三者である北九州おやこふれあい
支援センター(こふれ)が、親子の良い関係を育み、面会交流を
進めるために父母の間に立って中立的な立場から有料で援助を行います。
夫婦、親子、親族間などに関するご相談にも応じます。


更新情報・「こふれ」からのお知らせ

2017/12/17
 年末年始は平成29年12月28日(木)〜平成30年1月3日(水)の間、
 お休みいたします。NEW
2017/07/01
 文献情報を更新いたしました。
2017/03/18
 文献情報を更新いたしました。
2016/12/17
 年末年始は12月27(火)日〜1月6日(木)の間、お休みいたします。
2016/12/17
 平成28年10月より北九州市の業務委託事業を始めました。
 これを記念するシンポジュームが平成28年9月30日に
 福岡県弁護士会の北九州会館で開かれました。
 シンポジュームの詳細は左のバナーから
2016/12/17
 文献情報を更新いたしました。
2016/12/01
 文献情報を更新いたしました。
2016/08/10
 お盆休みは8月11日〜15日の間です。
2015/11/01
 年末年始は12月28日〜1月6日の間、お休みいたします。
2015/10/01
 ホームページを改訂いたしました。
2015/07/03
 ホームページを【http://kofure.web.fc2.com/】に移設いたしました。
2014/10/09
 「こふれ」がラジオで紹介されます
 10月28日火曜日18時54分からRKBラジオの「明日への伝言板」で
 「こふれ」が紹介される予定です。
 来年の1月4日日曜日15時48分に再放送が予定されています。
2014/07/22
 「こふれ」盆休みのお知らせ
 8月13日〜15日まで。合わせて16,17日も土日で休みとなります。
2014/04/21
 離婚や面会交流に関する文献情報を掲載いたしました。
 左サイドのバナーからご覧ください。
2014/02/24
 平成26年2月3日の西日本新聞夕刊にて「こふれ」が紹介されました。
 ブログに掲載しています。
2014/01/15
 ブログにて新年のご挨拶を掲載いたしました。
2013/09/21
 平成25年9月21日の西日本新聞朝刊にて「こふれ」が紹介されました。
2013/08/01
 相談業務を開始いたします。
2013/07/30
 NPO法人北九州おやこふれあい支援センターが成立いたしました。
2013/07/30
 ホームページを開設いたしました。UP

「こふれ」コラム

2015イラスト
喜びの分かち合い…ある養父の決断
「ニューイングランドの秋を見に来ない?」と北米に住む娘からの電話に二つ返事で飛びついて渡米したのは昨年の10月、ハロウィン目前のころでした。
紅葉の楽しみもさることながら私に興味深いのは娘が仕入れてくる彼女の友人たちの四方山話なのです。
書店のカフェでの手芸の会に集う40代から80代までの主婦たち10人が、それぞれの手仕事に励みながらの話題は夫婦間のプチ喧嘩、転がり込んできた義母の介護の悩み、果ては孫のボーイフレンドが気に入らない、自慢のアップルパイのレシピを嫁に受け継がせるか等等、肌の色や言語、風土は違っても日常の営みは変わることはありません。
そんな中で、興味を引いたのはある花嫁さんのエピソードでした。

めでたく結婚にこぎつけたA嬢、いよいよ挙式近くなって周りの家族は難題に直面した。
それは花嫁を介添えして入場する役は実父か、養父のどちらがふさわしいか、ということだった。
考えた挙句、A嬢本人の選択に任せることになり、彼女は養父を選んだ。
(同居期間は養父のほうが長かったという)
そして当日、花嫁の傍らに立った養父は入場するや否や参会者にこう述べた。
「こんな素晴らしい娘の晴れの日にこの場に立てるのは無上の喜びである。だが、私のこの喜びは彼(花嫁の実父)によってもたらされたもの。彼がいたからこそ、娘はこの世に在る。この場に最もふさわしいのは彼なのだ。共に喜びを分かちたい。」
と述べて実父を招き、花嫁は2人に両腕を預けてヴァージンロードを進んだ。

この粋な計らいはいかにもアメリカ好み、ハリウッドドラマそのもの、リチャード・ギアが演じたらピッタリと思われませんか。
なにかにつけて家族単位のお付き合いが求められるアメリカ社会ではごく当たり前の光景かもしれません。
子どもの行事に親、祖父母、兄弟姉妹、加えて前夫前妻の連れ子や再婚相手など一同揃っているのは珍しくないのです。
 人生の大切な門出に当たって花嫁は最高のプレゼントを贈られたのでないでしょうか。
共に喜び合えれば、他者の哀しみをも共感できる心に繋がるのでないかと思います。
おかげでアメリカでの日々がすっかり良い想い出一色になって帰国することができました。

(K.O)


「こふれ」をサポートしていただけませんか?賛助会員募集中です。

詳しくはこちらをご覧ください。

おやこのきずな こふれの精神
inserted by FC2 system