おやこのきずな こふれの精神 父母が離婚にともなう不信感やいろいろな事情で、
自分たちだけでは別居親とお子さんとの面会交流を
実施できないときに、第三者である北九州おやこふれあい
支援センター(こふれ)が、親子の良い関係を育み、面会交流を
進めるために父母の間に立って中立的な立場から有料で援助を行います。
夫婦、親子、親族間などに関するご相談にも応じます。


更新情報・「こふれ」からのお知らせ

2019/03/28
 平成31年4月27日(土)〜5月6日(月・祝)の連休の間、
 こふれの事務所はお休みいたします。
 面会交流の予定は希望があれば設定します。NEW
2018/12/21
 年末年始は平成30年12月28日(金)〜平成31年1月4日(金)の間、
 お休みいたします。
2017/12/17
 年末年始は平成29年12月28日(木)〜平成30年1月3日(水)の間、
 お休みいたします。
2017/07/01
 文献情報を更新いたしました。
2017/03/18
 文献情報を更新いたしました。
2016/12/17
 年末年始は12月27(火)日〜1月6日(木)の間、お休みいたします。
2016/12/17
 平成28年10月より北九州市の業務委託事業を始めました。
 これを記念するシンポジュームが平成28年9月30日に
 福岡県弁護士会の北九州会館で開かれました。
 シンポジュームの詳細は左のバナーから
2016/12/17
 文献情報を更新いたしました。
2016/12/01
 文献情報を更新いたしました。
2016/08/10
 お盆休みは8月11日〜15日の間です。
2015/11/01
 年末年始は12月28日〜1月6日の間、お休みいたします。
2015/10/01
 ホームページを改訂いたしました。
2015/07/03
 ホームページを【http://kofure.web.fc2.com/】に移設いたしました。
2014/10/09
 「こふれ」がラジオで紹介されます
 10月28日火曜日18時54分からRKBラジオの「明日への伝言板」で
 「こふれ」が紹介される予定です。
 来年の1月4日日曜日15時48分に再放送が予定されています。
2014/07/22
 「こふれ」盆休みのお知らせ
 8月13日〜15日まで。合わせて16,17日も土日で休みとなります。
2014/04/21
 離婚や面会交流に関する文献情報を掲載いたしました。
 左サイドのバナーからご覧ください。
2014/02/24
 平成26年2月3日の西日本新聞夕刊にて「こふれ」が紹介されました。
 ブログに掲載しています。
2014/01/15
 ブログにて新年のご挨拶を掲載いたしました。
2013/09/21
 平成25年9月21日の西日本新聞朝刊にて「こふれ」が紹介されました。
2013/08/01
 相談業務を開始いたします。
2013/07/30
 NPO法人北九州おやこふれあい支援センターが成立いたしました。
2013/07/30
 ホームページを開設いたしました。UP

「こふれ」コラム

2015イラスト
育爺しています
前回のコラムを投稿後,婚姻している長女,二女にそれぞれ,子が出生した。孫の誕生する産声を聴いて,生まれ出てくる度,妻と私は感動で胸がいっぱいになりました。長女には2歳になる男の子と生後1か月になる女の子が,二女には生後3か月になる女の子が,それぞれ誕生しました。妻と私だけの本当に静かな生活は一変しました。現在は,妻が娘たちの家事と孫たちの監護のお世話をしています。そうです。妻は娘たちにとって,頼りになる絶対的な監護補助者なのです。
 二女の家は,私たちの家から車で10分,長女の家は車で30分と意外と近くに住んでいるので,他の家庭に比べると,孫達のお世話には最適の距離関係にあるといえます。憧れの爺になった私は,多忙な妻と娘たちの仕事が少しでも軽減できればと思い,孫のお世話にやる気を出すのですが,未だ信用されていません。二女の方は3か月になる孫が1人いるだけですから,哺乳瓶でミルクを飲ませる以外に私の役割はありません。現段階においては,妻と二女のやり取りに私が入れる隙はありません。
私が,長女から許容されている2人の孫のお世話は,生後1か月の孫については,哺乳瓶でミルクを飲ませることと,泣き止まないときの抱っこ係です。抱っこすると不思議と泣き止み静かに眠ってくれるのです。私は抱き方が孫から気に入られていると自負しています。2歳になる孫については,入浴係・散歩係・遊び係・パンツ型紙おむつの替え係です。2歳になった孫と散歩で出かける際,私は,妻が用意してくれた,替えのおむつ・テッシュ・タオルハンカチ・専用のお茶を入れたポット・消毒用のスプレーがワンセット入っているバックの中を確認し,外出しています。自宅から近くにある子供の館までの往復が散歩コースです。子供の館で孫と一緒に遊んでいます。散歩の途中にはJRの線路を行き来する電車の種類や特急電車の名前を教えたりもしています。 
 私は孫との2時間に及ぶこの散歩コースに気力と体力をすっかり消耗します。孫のおかげで,私は,夜も早めに床に就き,ぐっすり寝て,朝も早くから起こされ,規則正しい生活を過ごしています。長女の方針により,入浴時間が午後8時,消灯時間が午後9時と定められていますから,孫との良好の楽しい関係を維持するためにはこの生活リズムに従わざるを得ず,アルバイト先の懇親会で深夜までの懇親会に参加することがめっきり激減しました。同僚の皆様には,これまでの生活スタイルを一変して申し訳ないと思っています。
妻と私は,孫たちの育児に関わり,孫たちの笑顔は,私達夫婦,婆と爺を幸せにしてくれます。しかし,娘の配偶者のご両親はいずれも遠方にお住まいですので,そういう機会が少なく,妻と私は,婿達のご両親に本当に申し訳ないと話しています。
 生後間もない子の育児のためにすべての時間をささげている娘たち,それを全面的に補助している妻(婆),自分なりに育児に関ろうとする私(爺)このような中で,長女の家庭は長女の家庭で,二女の家庭は二女の家庭で子を中心としたそれぞれの絆が形成されつつあります。私達夫婦は,孫たちの成長はもちろんのこと,孫たちの成長に応じて母親として成長していく娘達の成長も楽しみにしているのです。
(立川 治)


「こふれ」をサポートしていただけませんか?賛助会員募集中です。

詳しくはこちらをご覧ください。

おやこのきずな こふれの精神
inserted by FC2 system